短小に悩む人が最終的に取る方法が手術です。効果はすぐに目に見えて分かりますが、リスクも高いため慎重にならなければいけません。

ビリリティピルズ短小解消作戦

ペニス増大手術

手術風景

ペニス増大の方法には、ペニス増大サプリを継続的に服用する方法ともう一つは手術を行う方法があります。現在は技術が進歩し、以前よりかはリスクは少なくなったものの必ずしも何かが起きないというわけではありません。また費用が高いため簡単に受けられないという点も、考慮しなければなりません。手術の種類にも色々あるようで、こちらのページにて紹介をしていこうと思います。

亀頭増大・陰茎増大

亀頭増大

その名の通り亀頭を大きくする手術です。一般的にはヒアルロン酸を注入し増大させます。局所麻酔ですむ、ペニス増大手術の中でもごく簡単に終わり費用もそこまでかかりません。手軽に受けられますし、亀頭の小ささで悩む日本人男性は多いため、人気を博しているようです。ただしヒアルロン酸は日数が経ちますと吸収されてしまうので、増大のためには再度ヒアルロン酸を注入せねばなりません。

また陰茎も増大をすることが可能です。短小ペニスに悩む人はこの方法で長くします。ヒアルロン酸を注入することによって太くします。他にもコラーゲンや、アクアミドと呼ばれるヒアルロン酸よりも長い期間吸収されない物質、そして自身の脂肪を注入する方法があります。費用が一番高い方法が、自身の脂肪を注入するものになります。しかし体内に吸収されないため、最もおすすめしたい方法であるといえます。

長茎術

長茎術

実はペニスは体内に3分の1ほど埋まっています。それを引き出すのがこの手術法です。メスを入れない方法と入れる方法があります。まず入れない方法については伸びた状態を強靭な意図で固定するという方法です。1~4センチほどサイズが長くなるようです。もう一つ、メスを入れて長くする方法は根本にメスを入れて靭帯を切るというものです。こちらの方が費用は高くなります。

メリットとしてはすぐに長さを実感できるという点につきます。目に見えて分かりますので自信に繋がることでしょう。反面デメリットには引っ張られるような感覚が生じるということ、ペニスの根本を固定している糸が切れてしまうことがあること、勃起時の大きさは変わらないという点などが挙げられます。メスで行った場合は、傷跡が残る場合もあります。

手術を行う場合、何かしら弊害が残る可能性がある

手術をし、短小の悩みから解消されたとしても永続的に続くものでは無いというのが分かったと思います。もちろんペニス増大サプリとは違い、すぐに違いが分かるのは大きなメリットですが、自身へのダメージも残る場合もあります。その点を憂慮するのであればペニス増大サプリによって増大する方が安全です。

Copyright© 2016 ビリリティピルズ短小解消作戦